FC2ブログ
2021年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2021.04.13 (Tue)

春の受容まつり

●どうもこんばんは。皆様如何お過ごしでしょうか。私は先日雑誌の企画で津川洋行の「プレジオベースA4 N」を使ったミニレイアウトを作ったものの、部屋が物で溢れかえっているあまりA4サイズのレイアウトすら常設する場所がなく、仕方がないのでフラットベッドスキャナーの上に置き、スキャンの度にレイアウトをどかすという優雅さとは程遠いモデリングライフを送っています。

210308fuka_1200.jpg
(2021.3.8 大船工場跡)

●さいきん漫画を買うことを随分さぼっており、もとより広く浅く読みあさることが苦手な性分なのでハマればドサッと買い込む一方で年レベルの空白が生じる場合もあるのだがここ数年がまさしくそれであって、購入した単行本の数もまったく微々たるものであった。まがりなりにも創作を志す者としてアウトプットの為に何かしらのインプットを常に続けているべきであるという点について異論はないのだが、どうも昔から身心の持久力に乏しくTVアニメを毎週観るとか映画館に通うとか雑誌を継続的に読むとか、そういう習慣づけがどうにも苦手なのである。物をジャンルで捉えたり体系づけることが下手くそだからかもしれない。ときどき考えはするが、引用すべきコトバが脳の抽斗に入っていなくて悶々とするのが常である。

●panpanyaさんの単行本『おむすびの転がる町』を買う。新刊だと思って読み終わってからよく見てみると昨春の発行であり1年遅れでの受容だったが、どちらにせよ初見なので私にとっては新刊である。刊行されていることを知り早速求めようとAmazonを覗いたところ、漫画を買うのをさぼっていた期間に『動物たち』以降の近刊を3冊ほど買い逃していたことがわかり、いっぺんに注文した。

DSC07947a.jpg

内容にかんしては読む前から完全に信頼していたしその信頼をまったく裏切らないかたちで面白かった。そもそも私がコミティアへ定期的に出るようになり、いまでも細々ながら漫画を続けているのにはpanpanyaさんのSF研究会時代の短編『地下行脚』(現行の単行本では『枕魚』所収)を読んだときのワクワクが根源にあり、以後現在に至るまで自分にとってのある種のベンチマークである(もちろん同じように生きていない以上同じものを作れるわけではないけれど、作中に見える興味や嗜好には共感する部分が多いだけに…)。
久しぶりにどっぷりと作品世界に浸かったので自然な流れで過去作も読み返す。『地下行脚』の初読は2010年(初版は2009年)だったからもう10年以上前であり、比較すると抜群の安定感だと思っていた作風も想像以上に洗練されていることに気づかされる。最初は背景にばかり目がいっていたけれどそう単純な話でもなく、漫画のつくりとしてきわめて合理的・機能的であり、その方向性において年々極限に近づいているという気がする。画面はもちろんキャラクター然り、オノマトペ然りであるが、それがノスタルジックな味わいと自然に共存しているところに力量と迫力を感じる。自分が理屈ではわかっていても思いきれないところをヒョイと乗り越えていく感覚に、ある種の痛快さもある。

4冊あるのでしばらくは幸福なワクワクを味わえそうだと思っていたが、結局10日で読み終えてしまった。よいものに触れたあとの、独特の静かな興奮がある。こうしてはいられないという気持になるが、どうしたらいいのかはよくわからない。なにしろ描きつづけるしかないのだろうな。
あ、つらつら書きましたが『おむすびの転がる町』は「ふつうにとても面白い漫画」でもあるので、まだ買ってない人はすぐ買いましょう。私はこれから2周目に入ります。
23:16  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2021.04.12 (Mon)

うぇぶろぐの再開と漫画と横須賀線のこと

●どうもこんばんは。ブログってどうやって書いてたんだっけな。テキストってこんなにスイスイ打ち込めるものだったっけな。なんかこう、打っててつい途中でへこたれるぐらい重かったような憶えがあるけど、当時使ってたノートPC(実にWindows Vistaであった)のスペックのせいであった公算が強そうであるな。

●毎日更新などの看板を掲げていないのをいいことに過去10年間で更新が2回というちょっとしたオリムピック状態に陥っていましたが、ログもろくすっぽ残さないようなものをウェブログとは呼べないと思うし、新しいログを追加していかないことには学生時代の恥ずかしいログを奥へ追いやることもままならないし、なにより最近「なんでも書きとめておかないとびっくりするほどすぐ忘れる」という事実がどんどん明るみに出てきた為に、せっかくこういう場を作っておいたんだから備忘録として使わない手はないではないか!と思い直したのであります。備忘録ですから別にプレビューを稼がねばならない道理もなく、気楽なものです。

ツイッ太郎くんがあるじゃんという見方もありそうですが、Twitterはアーカイブ性があまりよくない(古いものが掘り返されるケースはあるけれども、基本的にあとから探して見返すためのメディアではないと思う)のと、私の場合はつい書きすぎるため140文字に収める過程で相当な推敲を要するのと、膨らんだハリセンボンみたいなツイートが流れてくるのをどうやっても防ぐことができず見るのに精神力を消費するので(もちろんフォローするのは自分にとって興味のある人だし、必要を感じればRTをオフにもしますが「○○さんがいいねしました」っていう謎のおせっかい機能が…)、個人サイトとブログでだらだら長文をしたためる方が私の性格には合っていそうです。

告知や交流の場としてのTwitterは手軽で実用的だし、Facebookの日なたで生きていけない夜行性の生き物としては、あの温度感がちょうどいいという面もあるのですが…。なんにせよ、これまでついぞ成功できなかった「要領よくメディアを使い分ける」ことにそろそろチャレンジしたい、という気持は偽られざるところであります。

title640.jpg

●それとサイトトップにも記しました通り、ネコ・パブリッシングの新生コミックサイト「コミネコ」にて、鉄道模型を題材とした漫画『TEZMO SYNDROME』の月イチ連載がはじまりました。現在2話まで掲載されており無料でお読みいただけます。ネームの長い漫画は好きでなかった筈なのですが、いざ描いてみるとスマホで読むのに支障を来すほどのテキストモリモリコミックになってしまいました。何事も思うようにはいかないものです。

●以下は日記です。

11:25  |  つれづれ  |  TB(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.05.01 (Sun)

COMITIA116

tia116_kokuchi1.png


どうもお久しぶりです。ずいぶん放置してしまいましたが個人サイトを再開しようと思い、区切りのいいとこまでやって寝ようと手を着けたのが運の尽きでこんな時間になってしまいました。
それにしてもよく放置したもので、このブログを前回更新してから湘南モノレールの新車が4本も入りました。私もどうにか学校を出て会社に潜り込みなんとなく日々を過ごしてきましたが、4年近く経ったわりに当時を思い返してさしたる進歩もなさそうなのは残念なところです。

で、その4年のうち2年にわたってつくっていなかった漫画の新作をやっとつくりまして、下記のとおりリリースしますのでご案内いたします。

tia116_kokuchi2.png

●COMITIA116(2016.05.05 於・東京ビッグサイト)
●サークルスペース:東5ホール 【V29b】


●頒布品目
新刊『口笛未遂Vol.3 とむらい案件』 36P 500円
・既刊『口笛未遂2013年5月号』・『口笛未遂2014年5月号』 24P 各300円
・絵はがき各種(新規絵柄あり) 12種 各50円

学生時代につくっていた『うたたね通信』に代わって、2013年から制作している『口笛未遂』シリーズの3作目を新たに頒布します。
2013・14年に出した既刊2冊は意図して無軌道でいこうとしたのですが、それでカッチリまとめられるほどの力量もなく、散漫になる一方でしたので、今回からはサブタイトルを付けてワンテーマにしました。
それが吉と出たか凶と出たかは、いま自分で見返しても判断がつかないので、もしお手に取っていただくこと叶いますればその際にご確認下さい。とりあえず構成的には前回並みの掌編漫画+イラストのフォーマットですが、ページ数は1.5培に増えていますので多少お得です(その分、既刊は釣り合いをとって値下げしました)。

ちなみにスペースは出口および厠が至近ですので、どちらかの途次にでもお立ち寄りいただければ望外の喜びです。よろしくお願い申し上げます。

05:05  |  イベント情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.08.03 (Fri)

8/3

240803blog.jpg

お久しぶりです。すっかりついったろ君にお株を奪われて広告バナーのなすがままになっていましたがふとそういう気分になったので更新すべえと思って前の記事を見返したら2年近く前でいささか遠い気持です。いろいろあってまだ学生をやっています。もうほぼ終ったようなものですが。

時の流れといえば残酷なものと古来相場が決まっているわけで私の周囲にあっても例外ではなく、先日祖母が他界し私は今日で23歳になってしまいました。いつでもはっきりと体調のよい日というものがないので、死にたくはないにもかかわらず自分が来年の今ごろを生きている姿というのはどうしても想像できないのですが、いや体調は関係ないかもわかりません。およそ来年などというものはうかうかしているといつの間にかすぐ背後にいて、あまつさえ通り過ぎてさえいってしまうので、年がら年中うかうかしている私にはとうとう来年を掴まえるチャンスは訪れず、こうして二年越しの新着記事だなんて有様を呈することになるわけです。なんともはや。

身内を亡くすのはちょうど十五年前の同じ頃に祖父が亡くなって以来で、当時小さかったためにほとんど残っていなかった通夜や葬儀の記憶も更新されて、より強烈に迫ってきてもよさそうなものですが、もとい迫ってきたことは確かなのですが結局一度も泣けなかったのはやはり常日頃からうかうかして過ごしているためにうかうか癖が抜けきらず、どんなに大事に思ってもどこか脳みそが眠っていたのかもしれません。今度に限らずここ数年はいつもそうであったような気がします。
お経をあげてくれたお坊さんは若くて、御自分でファンカーゴを運転して来られたのが何となく妙な気持でしたが、ボディカラーが黒だったのでやはりお坊さんなのだなとなんとなく合点したけれどお坊さんだから黒だったのか単に好みの問題だったのかは聞いてみなかったので判らずじまいでした。

しかし23歳というのはリアルでいやな年齢ですね。先日妹が19歳になったことに気づいた時も似たような気持でしたが、20から22のようなどこかモラトリアム的な曖昧さがなくてただひたすらに事実として突きつけられる感じはただ単に卒業が近いからかもしれませんが(留年して半年延びたのです)、なにしろいい気持でないことだけは確かです。もし今後三十路、四十路を迎えること能わば、その厳然さたるやこれの比ではないのかもしれませんがあるいは毎年のことで徐々に薄まっていくのかもしれませんが。

さて、目下はいろいろの懸案とともに9月頭のコミティア101の準備をすすめています(詳細はこちらにて順次おしらせします)。今度こそ雨が降ろうが槍が降ろうが小学校の同級生だったM君が降ろうが(当時は彼が降ったらプールの授業は中止というクラス内での取り決めがあったのです)落とせない新刊ですがおおよそいつも通りの感じになりそうです。あわよくば若干の新しい試みも為せれば言うことはないのですが実際に為してみなければなんともいえないので、ひとまずは続報をお待ち下さい。他にもいろいろやりかけの事や訪れつつある事などあるにはあるのですが、そちらはまた追々。
04:01  |  つれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.10.30 (Sat)

晩秋イベント地獄

どうもこんばんは。すっかりイベント告知用ブログになってしまいましたね。5ヶ月ぶりってもはやみんな閉鎖したと思ってるのではなかろうか。

さて、この秋はイベントがいろいろありまして。とは言ってもサークル参加するのはひとつだけなのですが、他に2ヶ所寄稿という形で参加していますので、そちらも合わせてご案内です。

kokuchi_tetsu.jpg

ひとつめ。
10/31(日)開催の鉄道擬人化オンリー即売会「鉄娘でGO!」で頒布予定の、でら大船さん主催の合同誌「鉄娘の集い+α」「かなっ娘」に4頁ずつ描いています。そうなんですね、明日なんですね。うひゃあ。
私のは江ノ電車輌擬人化漫画(現行メンバー)です。一応現有全形式が出ています。ちょっと江ノ電とか知ってないとよくわかんないかもしれんですが。
会場は川崎市産業振興会館4F(川崎駅徒歩8分)、スペースは【2号車-7C】だそうです。

kokuchi_moko.jpg

ふたつめ。
11/7(日)開催の東方オンリー即売会「凱風快晴 ~フジヤマヴォルケイノ~」にて頒布予定のFjkさん主催の妹紅中心合同誌「もこだらけ」に4頁描きました。とりあえず妹紅が燃えています。参加人数14人という盛り沢山な内容と伺っておりますので、妹紅ファンには一見の価値アリ。ホントか?
会場は山梨縣護國神社、野外会場というユニークなイベントですので、そういう意味でも面白そう。私は行けないですが。スペースは【B-5】だそうです。

kokuchi_tia.jpg

で、本命ですが。
いつものコミティアにまた出ます。11/14(日)開催の「COMITIA94拡大Special」
私は前回好評だった絵葉書を数種プラス(全10種、各100円)して持って行くのと、前回出せなかった漫画誌を「うたたね通信 2号」(500円)として改めて出す予定です。
今回はより盤石な体制でと思っていたのですが、結局中身はこれからという体たらく。「そんな進度で大丈夫か?」「一番遅い〆切を頼む」
会場は東京ビッグサイトですが、今回は西ホール。【と18b】にてお待ちしています。今回は普通の席だ。やったね!

そんなわけで3週連続、全部違う県でのイベントなんですね。このところ急に冷え込んだので皆さん、防寒対策には充分気をつけてお出かけ下さい。


mono5601-5603

夏からずっと停滞中の江ノ電・モノレールサイトですが、放棄したわけじゃないのよ。また新色も出るらしいし、そろそろ…とは思っているのです。とりあえず原稿がひと段落したらまた動きがあるかも。いつものように期待せずお待ちください。
22:58  |  イベント情報  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT