2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.22 (Fri)

入稿にまにあわない

どうもこんばんは。ここんとこずっと私を苛んでいた期末試験がほぼ終了しまして、多少の不安はあるもののひとまずほっとひと息、と言いたい所なのですが、生憎と2月のコミティア対応の新刊をあと10日強で入稿しなければならず、また修羅場を越えねばならなそうです。

220120_keio3000.jpg

で上の写真ですが、実質的な試験最終日(本当はあとひとコマあるのですがそれはあってないようなものなので)、帰りに井の頭線のホームへ出かかると、思いがけずコルゲートのぎらぎらした色が目に入ったので、階段を二段飛ばすような気持で急いで乗り込んだわけで。3000系も本当に見掛けなくなったなァ。聞くところによるともう2本かそこらしか残ってないそうで、今年度初めにはまだそれなりに残っていると思ったんだけど、学校が後期に入ってからは本当に顔も見なかったような気がします。

この時乗った第28編成は最終増備の2編成のうちの1本で、1987年製ですから私と2つしか違わないのですが、バリバリ走っている1000系と比べると明らかに前時代的な感じで、既に井の頭線では浮いた存在になってきています。デザイン的には'60年代からほとんど変わらないのだから単純に比較はできないにしても、そういう世代の電車もこういう時期に差し掛かっているのだなァ、と、また時の流れの容赦なさを感じずにはおられません。根岸線の209系も気がつけば明後日までだし、写真の1枚くらいは撮っておきたいけど、混むかなァ……


以下、恒例の模型近況。

220122_models_Mc42001.jpg
08:16  |  模型  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.04 (Mon)

はっぴいぬういやぁ

どうもこんばんは。結局三が日終えての更新になりましたが、別に更新の仕方を忘れていたわけではありません。本サイト更新したら安心しちゃったんだよ!

220104_220102fuji.jpg

2日、今年はいつもと趣向を変えて江島神社へ初詣に行こうということになり、家族4人で混沌の江ノ島本島へ。弁天橋あたりからそろそろ穏やかでない感じはしていたものの、島内はいよいよもってカオスっており、参道の入口あたりで一瞬そうでもなさそうな気がするも石段の途中からは石榴を割ったような人の群れ。しかしこちとら冬コミ2日目東館某ホールの馬鹿馬鹿しいくらいの混雑を乗り切ってきたんだ、こんなもん屁でもねぇ……あ、冬コミでは皆さんお世話になりまして、有難うございました。お蔭様で例年になく好調な結果を収めることができました。当日私が寝不足でなかったらもっとよかったんだけど。……で、結局わりかし早く上まで着いて、願かけもそこそこに人波を離れてようやくほっとした所におみくじの箱。ちょっと割高の200円で、しかしお守りがついているそうな。折角だからと奮発して引いてみると、

「運勢 末吉」

一瞬人の名前かと思ったよ。すえよしさんでよろしいんでしょうか?
後から追いついた母のを見ると、そちらも「小吉」。どっちがいいんだかよくわからない。
新年早々微妙な気分で、ピンク色の絵馬や毒々しい紫いもコロッケの看板を横目に眺めて、スパゲッティを食って帰ってきました。そんな三が日。ちょっと長かったですね。

以下、3日にちょっと模型を進めたので、近況報告ということで。

220104_models_mc42-1.jpg
03:35  |  模型  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.27 (Sun)

冬混み

どうもこんばんは。まったく清々しいまでに更新されないことで知られるこのブログですが、いよいよもって平成21年も年の瀬というわけで、冬コミ間近でもあり、多少更新癖をつけておかないといざ新年の挨拶をしようと思った時にやり方がわからなくなるという最悪の事態も考えられるので、そろそろ更新のしどきではなかろうかと。


ちうわけで、冬コミに出ます。個人誌も余裕があれば間に合わせて依託扱いにしようと密かに目論んでいたのですが、案の定そんな暇はありませんでした。いつもの「三文文士会」のほうです。

211222sanmon-te.jpg

新刊は大体いつも通りの創作文芸誌。コピー誌なのに妙に原稿が集まってしまい、なんと2冊分冊に。
いずれも一色刷り。文章がカラーでも見づらいだけですからね。

・「三文分誌2009年冬号 天の巻」…B5判・56頁(青い方)  200円
・「    〃     地の巻」…B5判・44頁(黄色い方) 200円
※「地の巻」のタイトル・本文トビラ等のフォントは、「fub工房」さんからお借りしています。

どちらも小説メイン。一部評論、おまけ漫画等あり。本当は両方におまけ漫画を入れたかったけど風邪が悪化して断念。「天の巻」にだけ4頁入っています。その代わりというかなんというか、「地の巻」には気鋭の後輩によるモノアイラノベとか、私も参加したそれなりカオスなリレー小説とか載っていたりして、多少原稿が落ちた結果ちょっと薄くなってはしまいましたが、決して見劣りしない仕上がりとなっております。どちらかというと「地の巻」の方がエンスー好みな内容といえそうです。

他にも既刊を持って行きますが、在庫管理にミスがあって春と秋に作ったオフセの2冊は頒布できないかもしれません。ひとまず、夏のコミティアで出したコピー誌の改訂版がありますので、それは出せます(新刊と同額)。

スペースは2日目、東2ホールU-04aだそうです。
制作が遅くなった結果、直前のお報せになってしまいましたが、お暇のある方はぜひお手に取っていただけたらと思います。
ちなみに個人誌の方は、2月のコミティアに申込をしてあるので、それに間に合うように作る予定です。


最近はずっとこの本の編集やらなんやらをしていたので、自分のための絵や模型はすっかりお留守になって、仕掛り品もびっくりするほど進んでいません。年内にはなんとか、と考えていたものがたくさんあるけど、ちょっと無理そうだなぁ。とりあえずは、もはや物を踏まないと移動できない部屋の掃除にかからないといけないし……
03:58  |  イベント情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.19 (Mon)

げじゅん

どうもこんばんは。
さて私、11月15日のコミティアに向けて、初めて個人規模で参加すべく申し込みだの本を作るだの言っていたのは前の記事をご覧の通り。で、先週の水曜日、夜帰ったらコミティアのロゴ入りの封筒が届いていたわけで、おお来たか来たか、売り子も人に頼むなら早めに話しておかないといかんななどと考えながら封を切ってみたら落選通知でした。よりにもよって鉄道の日に縁起が悪いこと夥しい。

それでもまだ原稿が全然できていなかったせいか、そこまで打ちひしがれもしなかった自分を責め苛みたい気持ですが、いざ落ちてみると途端に、本ができるかどうかも心許ない気がしてくるから不思議です。目下、学校のサークルの方で絵を描いたり編集をしたりでてんてこ舞いでもあり…

しかし初っ端から企画倒れでは面白くないし、このままだと、こういう即売会は年明けまでチャンスがないかも知れない。11月中のイベントなら依託を頼む当てもなくはないことだし、どんな形にせよ完成だけはさせたいと思っています。どんな形にせよ。


211010_N-Mc42001zenmen.jpg

この前のクモハ42の前面は現在こんなところ。まだまだ足したい部分はありますが、大分”らしく”なってきたでせう。
01:40  |  つれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.04 (Sun)

きざむ楽しみいっぱい

どうもこんばんは。10月に入って同人誌やら何やらの〆切が四方からじりじりと迫って来るので、「テスト前には部屋の掃除が捗る法則」に則って考えれば、今月は夏の間全然進まなかった模型作品にもいくつか完成作が出てくるのではないかと思っています。

ということで、土曜は久々にごりごりぺたぺたと手を動かしたので、とりあえず今こんなもん作ってます報告。

211004_models-Mc42001_1.jpg

以前作りかけていたサロ75は片側面を継いだ段階で「これを1輌ぎり作って一体なんになる…?」と考えてはいけない考えが脳裡をよぎったため中断中。同時進行していたクモハ42001の方がいくらか進み、なんとか箱にできる段階にまでなりました。細かなディテールはこれからですが。
001なので裾リベットは1列なのですが、2列にモールドされている上の側だけ削るのが困難なので、実車でも両端に近いリベットはまったく消えているのを言い訳に、全部削ってしまいました。そんなに違和感ないでしょ? このサイズの写真だからかもしれないけど…

211004_models-Mc42001_2.jpg

前面もオールプラで仕上げるべく奮闘中。「一見キットを素組みしたような仕上がり」が理想ですが、どうなることやら。
晩年仕様がプロトタイプなので、ここからドア下半を埋めたりまだ色々あります。

211004_models-i.jpg

余った材料でこんなものも準備していますが、これがどうなるかは賢明なクラフツマンの皆さんなら御想像がおつきかと思います。キットの説明書には一応載っている車輌です。

211004_models-o.jpg

私鉄形ではこんなのを。
しんどそうなので長いこと放置していたネタですが、改めて見てみると意外と何とかなりそうな気がして、とりあえず側板だけでも継いでしまおうということに。こちらもうちのサイトをご覧の皆さんなら、どんな車になるか、おわかりの方も多いかと思います。
以前富士川さんに頂いたクーラーも、やっと日の目を見る事になりそうです。問題は前面と、あとは塗装か…
03:37  |  模型  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。