2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.01.22 (Fri)

入稿にまにあわない

どうもこんばんは。ここんとこずっと私を苛んでいた期末試験がほぼ終了しまして、多少の不安はあるもののひとまずほっとひと息、と言いたい所なのですが、生憎と2月のコミティア対応の新刊をあと10日強で入稿しなければならず、また修羅場を越えねばならなそうです。

220120_keio3000.jpg

で上の写真ですが、実質的な試験最終日(本当はあとひとコマあるのですがそれはあってないようなものなので)、帰りに井の頭線のホームへ出かかると、思いがけずコルゲートのぎらぎらした色が目に入ったので、階段を二段飛ばすような気持で急いで乗り込んだわけで。3000系も本当に見掛けなくなったなァ。聞くところによるともう2本かそこらしか残ってないそうで、今年度初めにはまだそれなりに残っていると思ったんだけど、学校が後期に入ってからは本当に顔も見なかったような気がします。

この時乗った第28編成は最終増備の2編成のうちの1本で、1987年製ですから私と2つしか違わないのですが、バリバリ走っている1000系と比べると明らかに前時代的な感じで、既に井の頭線では浮いた存在になってきています。デザイン的には'60年代からほとんど変わらないのだから単純に比較はできないにしても、そういう世代の電車もこういう時期に差し掛かっているのだなァ、と、また時の流れの容赦なさを感じずにはおられません。根岸線の209系も気がつけば明後日までだし、写真の1枚くらいは撮っておきたいけど、混むかなァ……


以下、恒例の模型近況。

220122_models_Mc42001.jpg

【以下続き】


クモハ42001はそろそろ塗れそうです。ライトはゲート処理の困難なキットパーツは敬遠したかったので、金属にしようと思ったのですが取付をしくじって壊してしまい、開き直って鉄コレのパーツにしてしまいました。無利益極まりない「パンタと動力以外オールプラ」の意地はからくも守り通されたわけです。
動力は鉄コレ用20m級を、ちゃんと取付爪を作ってスナップフィットで付けられるようにしました。動力側の狂いか車体側のミスか、車体のパンタ側が僅かに上がっているのが気にはなるのですが……


220122_models_Meitetsu5500.jpg

こんなものも買ってあったので、組み始めました。こうして仕掛りを増やすことは果たして本工場の新車増備に貢献しているんだろうか?
本当は富山地鉄にするつもりで買ったのですが、それをやるには想像以上の修羅の道を辿らねばならないことがわかりあえなく断念。素直にほとんど素組みします。しかしそれなりに難物のようではあるなァ。

ああそうそう、クモハ42の所属表記やらなんやらを買いに、先日開店したGM横浜店に行ってきました。ビルの表だけ見てると店名が書いてないので、何度か気付かず素通りしましたが。
相鉄や小田急方面の人には申し訳ないけど、うちからは海老名に比べると格段に行き易くて、なおかつバルクもディテールパーツも秋葉原のようにひと通り揃っているのは大いに歓迎したいところ(下北沢はそれなりに行き易いけど、品揃えの傾向はやっぱり異なるのよね)。ヨドバシやポポンの値引きに慣れていると多少割高の感はないといっては嘘になりますが、しかしそういう所にないものを置いているわけで、今までの電車賃の分を込みで考えれば却って安い安い。何しろこういうものはポジティヴに捉えなければ始まりません。

今の仕掛り以外にも気になってる題材はいろいろあるので、ひとまずは仕掛りをどんどん完成させないといけません。日鉄自もいくらか買い込んだし、やりたいんだよなァ、あそこの買収国電とかあそこの連接電車とか……
スポンサーサイト
08:16  |  模型  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tayutahi.blog121.fc2.com/tb.php/27-9b727eeb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。