2009年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.25 (Tue)

どんてんか

どうもこんばんは。無事コミティアも終わりひと息つけるかと思えば、次回は自分でサークル参加するよう先輩から脅しがかかっている関係上、早いとこその準備もせねばならない私です。

当日ブースに来て下さった皆さんありがとうございました。事前リサーチ皆無のまま参加した2月に較べ、今回は多少の下調べがあったのでお世話になっている方々に挨拶したり差し入れを持って行ったり、前回よりは充実した4時間半を過ごせたような気がします。こういう機会に生の声を聞かせて頂くと、改めて”頑張らんとあかんなぁ”という気持にさせられます。
ただ一般参加の開場時刻を間違えて、別に急ぐ用事もなかったのに外で1時間待つことになったのは誤算でした。

先輩曰く、「空気時計」の新刊は例年からすると中々好調な売れ行きだったようです。「三文」の方も去年夏コミに出した時よりはだいぶ多くの人に見てもらえました。漫画みたいな表紙なので間違えて手に取られた方も少なからずいたものと推察しますが、ふふ、計画通りです(ウソ)。
「くおーくかんぱにー」のセット本は凄まじい売れ行きで30分と持たなかったそうで、まァ関係各所の盛り上がりからしてそうだろうと予想はしていたものの、同所で頒布していた1セット10k円もするフィギュアキットが完売していたのには多少ビビりました。羅刹パワー恐るべし。私も寄稿側で参加してなかったら本も買えなかっただろうな。

次回、多分簡単なコピー本が1つ2つ程度になると思いますが、落とさないことを第一に何とかかとか形にしていく所存ですので、まァ過度な期待はせずにお待ちください。


で話は変わりまして。湘南モノレールの新車(5605ほか)が来たということで、私も見に行ってきました。搬入の日はチェックしてなかったけど、元々その日は今回の本の編集でそれこそ24時間暇らしい暇はなかったのだから、知ってても行く訳にはいかなかったのです。別に悔しくなんかないやい。

で、24日の真っ昼間、湘南深沢駅で降りて歩くこと数分。深沢工場脇からこっそり覗いてみると……

210824_5605_1.jpg

いたいた。

210824_5605_2.jpg

おおー、すげぇ。本当に緑だ。
神奈川新聞のWebで見た時は結構派手な色に見えたけど、こうして写真で見ると中々渋く見えますね。とはいえ実際見てみると、前回の青帯よりはかなり明るく感じます。車内見付はわかりませんが、多分5503Fと同じような感じなんでしょう。今さらまた集団見合いって事もないだろうし。

搬入してすぐなので、車内の座席や屋上機器カバーにはシートが掛かったまま。アンテナもまだ付いていない初々しい姿です。
本運転は10月ごろ、それまでにも試運転や校内入換のシーンをキャッチできればいいんですが、さてそう巧くいったものか……

お隣江ノ電も1000形30周年だとかであれやこれやあったりして、いろいろ目の離せない湘南地区なのでアリマシタ。
今回の5600型については、本サイトの車輌紹介コーナーには営業開始を待ってまとめたいと思いますので、そちらは今少しお待ちを願います。
(以上2009.08.24 深沢工場あたりにて)

210823_mono5500_5600.jpg

おまけ。昨日の夕方見に行った時は車庫入口側から5301F、5503F、5605Fと3姉妹が一直線に並んで壮観でした。わかるように写真を撮れればよかったんですが無理でした、ごめんよ。
5503Fは事故後、原因究明のための試運転やちょこちょこやってたはずの校内移動をことごとく見逃してきたので、建屋から出たのを見たのはすごく久々でした。
スポンサーサイト
05:11  |  つれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.22 (Sat)

てあ89

どうもこんばんは。
いよいよ明日はコミティア89当日なわけで、もうだいぶ遅いにしても
ひとまずご連絡しておこうと思います。

●[と07b]「空気時計
当日は多分こちらに居候している筈です。
今回、表紙・裏表紙とかおまけ漫画とか描きましたがその肝心の表紙に重大なミスがいまさっき発覚。どうしようと思ったがどうしようもねぇ。メンバーの諸先輩方本当に申し訳ありません。大きく破綻してるわけじゃないんだけど、いかんせん彩りが...ただ中身は諸先輩方の手によるハイクオリティな創作文芸誌なので、その点はご安心ください。1冊300円か500円かどちらかなので、とりあえず100円玉が5枚あれば用は足りるはず。
※表紙の修正云々はいろいろあって結局なかったことになり、結果オーライでした。お騒がせしました。
●同所で姉妹サークル「三文文士会」の新刊(コピー本)も置かせてもらう予定です。こちらも文芸誌で1冊200円。こちらは編集にも関わったというか昨日学校に集まって編集してました。お手を煩わした皆さん、手際が悪くてごめん。謝ってばかりだな。

●[れ18a]「くおーくかんぱにー」新刊「最近描いた黒歴史本」にも4コマ4頁寄稿しています。ただしこちらは原作者さん主導のため今回の頒布となっていますが元ネタありきで、また大変厚い本かつ2冊組なので価格もそれなりの2,000円。みんな買ってね! とは言えないけど、わかる人は見てみてくださいな。

何だか始まる前から嫌な汗が頚から胸元を伝った私ですが、この哀しみをバネに秋、冬へと頑張っていく所存です。...ええ。
11:09  |  イベント情報  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.17 (Mon)

王壮而

どうもこんばんは。養老線で「ラビットカー」カラーが復刻されるそうで、そうなったら伊賀線と合わせて乗りに行こうかと俄かに心が騒ぎだしています。今まで桑名には寄っても西桑名駅へ抜けるばかりで、マルーンの電車は近鉄時代以来写真も撮っていないのよね。
ただ秋はいつのまにか10年も経ってしまった蒲原鉄道の廃線跡を訪ねる予定があるので、冬になるかもしれません。

210816_jst02.jpg

世間が夏コミに沸いたこの週末、私は金曜夜までバイトして帰って飯食って風呂入って寝て起きたら土曜の午後2時。そして起きたその自室が去年暮れの大掃除もせず放置していた結果散らかりすぎて単なる不浄な空間と化していたので片付けを始めたらそれが翌朝までかかり、あとは埃を取るだけの状態で寝て起きたら日曜の午後2時半。それで埃を掃いて掃除機かけて窓を拭いたら夕方になって、結局土日は一歩も家から出ませんでした。
その代わり部屋は別世界のように綺麗になって、これでようやく人並みの生活が送れそうです。ちゃんと歩ける床があるという幸せ。普段運動しないので一挙に全身筋肉痛になったり、両手の指に傷をして絆創膏を巻いたりはしましたが。

コミケには行けなかったけど、コミティアには出ます。前回と同じところと、今回はもう1ヶ所寄稿させてもらっていますが(どっちも軽い4コマ漫画)、スペースなど詳しい情報がまだまとまっていないので、詳細はまた今度ということで。

関係ないですが、いまさっき福鉄のモハ141-2の写真を見ていたら、これ、GMの42系から作れそうだな、と……
00:12  |  つれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.11 (Tue)

いい打線

どうもこんばんは。この頃、バイトの行き帰りに東横線に乗るとやたら「クールビズ・トレイン」に当たります。正直なところ差がよくわからない。1℃だなんてケチな事を言わずに、もっと上げたらよろしい。弱冷房車は思い切って”非冷房”にするぐらいの心意気が重要でありませう。でも同時に窓が下から開くように改造しないと拷問部屋になりそう。
まァ、あんまり暑いのは御免だけどね。でも寒すぎても居眠りする間に風邪を引くから困る。

210810_N_kumoni83-kumoha14.jpg

飯田線モノを2点作っています。最近別の模型にかかっていて、それが一向に進まないので気分転換に”積み模型”に手を着けたら意外と進んだ。念のため、左がクモニ83100、右がモハ14000(旧32)です。
モハ14はぶどう色か快速色のどちらかに塗って快速編成に組み込む予定。つまりあと3輌作らんといけないわけで、多少前途多難。いざやってみると意外と簡単に…… みたいな展開を希望。
クモニはどうするかなァ、13と組ませて荷電2連にしようかな。

210810_N_zenmen.jpg

前面アップ。クモニのマスキングが非常にめんどくさかった。そして結果もボロボロだった。タッチアップ地獄です。キンタロ塗りなんて小5以来やったことなかったんだもの。あの時は箱根登山だったから下だけでよかったし。
この写真ではなんとかなっているように見えますが、実際にはそんなことはないのです。果たしてクリアコートだけで誤魔化せるか否か。
モハの方は要するに多少古い形に戻す加工なわけで、木枠化がメイン。本当は製品の窓枠を削り込むつもりが削りすぎたので一旦全部撤去してプラ板で新製しています。もう1輌は削りすぎないように注意しないと。クハ18050をどうやって作るかが目下の課題です。

快速電車の方はともかく、クモニは私には珍しく純な素組みなので、とりあえずこれを早いとこ完成させて夏を乗り切る起爆剤としたいところです。こだわりすぎは未完成病のもと。実車のことをよく知らない今のうちに、早いとこ、早いとこ。
03:21  |  模型  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.09 (Sun)

とぶはく

どうもこんばんは。
前回コメも付けて貰いましたが、3日で二十歳でした。
別段どうということもなく、なぜかバイトが前より忙しくなった程度のものでしたが、まァ今までの十九なりの無為さ加減から、二十なりの無為さ加減にシフトして頑張っていきたいと思います。ご愛顧のほど宜しくお願い致します。

210801_asakusa_omote.jpg

東武博物館が新しくなると聞いて、オープン前から気にはしていたものの、無計画にこさえた〆切が錯綜する中すぐには出掛けられず、8月に入ったその週末ようやく見に行ってきました。
それを更に1週を経た今日まとめるというおよそ2週間越しの壮大なプロジェクト。要するに手が遅いだけの話です。
21:33  |  つれづれ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.01 (Sat)

記念すべき鉄道collection第10弾

どうもこんばんは。幕張にやってきているという恐竜のミイラ、前々から見に行きたいとは思っているものの、入場料が2,500円もするそうで考えざるを得ない。既に出る事の決まっている諸々の費用の後に、それだけのお金が残っているかどうか、逆にそれしきのお金も残らないというのもそれはどうなのかとは思われますが、しかし常の感じから考えて充分その可能性も考えられるわけで。ううむ。まァ、行けるといいな。

210801_tetsucolle_naravi.jpg

鉄道コレクション第10弾が出たということで、31日にヨドバシカメラへ行ったら並んでいたのでとりあえず2個むんずと掴んで買ってまいりました。一番気になっていた蒲原は出なかったものの、そこそこ当たりだったと思う。
鹿島は人気のありそうな晩年ではなくひと昔前の形態ですが、晩年は前面窓が小さくなっているので、この部分を東武2000と共通にするためにこうしているのかしら。私は車輌に関しては面食いなので、こちらのほうが美人さんで好き。
片上鉄道のほうも派手めな塗色が思った以上に模型映えして、意外なくらい魅力的。ドア下の小窓はブラックアウトですが、場所のせいもあって気にならないばかりかHゴムがバッチリ決まっていていいアクセントになっています。むしろ塗り直した時にここの色入れをしようとすると一考を要しそう。こいつはそのまんま取っておこうかな。

210801_tetsucolle_bunkai.jpg

分解してみる。屋根のネジ止めが大仰な気がしないではないけれど最近の標準なんでせう。
キハ04一族の前面窓は試作品を見ても一目瞭然だった通り窓柱一体。私の引いた個体は多少印刷にズレがあるので、ここはタッチアップしてやることにします。

210801_tetsucolle431_engine.jpg

エンジン。今後どれか制御車化したら、これだけどこかジオラマに転がしておくのもいいかも。

210801_tetsucolle431_gawa.jpg

ミニ秩父とでも形容したいHゴム地獄。加越能鉄道色に塗り直したいとは思うものの、この辺をどう乗り越えるかがネックになりそうです。

久々の単行メインということもあってか、気動車のカラフルさもあってか、妙に心惹かれる今回のラインナップ。とりあえず1カートンは欲しいところですが、さて、そのお金は捻出できるのか否か……
03:03  |  模型  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。